多汗症と熱中症

多汗症の症状がある人は、絶えず大量の水分+塩分を失っています。汗腺からは水分と塩分が同時に出て行きますから。
特に夏は、それが加速し、熱中症にもなりやすいです。

汗

多汗症というと、とにかく水分を補給しようという考えになりやすいですが、水分補給だけでは問題があります。慢性的な塩分不足に陥るかたが多いのです。
塩分をしっかり摂取しなければなりません。


塩分不足はどんな症状をひきおこすかというと、 
まず眩暈が度々起こる。
そのままなにもしないでいると、脱力や精神障害、さらには昏睡状態になることも!

多汗症だと自覚しているのなら、熱中症の起こる時期には水分と塩分の補給を怠らないことです。


無料で試せる水の宅配はこちら

》 》 くわしく見てみる
フィード