犬の熱中症対策

暑い夏。人間だけが熱中症対策をすれば事足りるかというとそうではありません。
大切な愛犬にも熱中症対策は要るのです。
ワンちゃんだって熱中症になります。

犬

どんな犬が熱中症になりやすいか?


それは寒い国で生活できるような犬。
それから、短頭種の犬。
前者はシベリアンハスキーやグレートピレニーズ、後者はシーズーやパグなんかが挙げられます。
普通の種類の犬でも、日本古来の犬種だって、肥り過ぎだったり、まだ子犬だったり、そしてお年寄りになればやっぱり熱中症の危険は高まります。
それも人間と同じですね。

暑い時間帯に散歩するのが習慣になっているなら、夏だけは時間をずらしましょう。
早朝や夜間の散歩に切り替えましょう。
それにアスファルトはとんでもない温度になりますから、ヤケドの危険性もあります。

水分補給はこまめにしましょう。

そして、お留守番をさせるとき、放置状態のとき、
蒸し暑い状態になっていないか、あらためてチェック!
お買い物のとき、窓を開けて車内に犬を留守番させておく人は意外と多いですが、夏はホントに危険です。車内はいっぺんに70度まで上がります。


無料で試せる水の宅配はこちら

》 》 くわしく見てみる
フィード